仙台TRPG十年会

宮城県仙台市でTRPGコンベンションを開催しています

2015年9月27日(日)仙台TRPG十年会コンベンション 開催報告&アンケート結果

2015年9月27日(日)に、仙台TRPG十年会コンベンションを開催しましたので報告いたします。

開催概要

日時
2015年9月27日(日)
コンベンション 10:00~19:00
夕食会 19:00~21:00
場所
仙台市宮城野区中央市民センター 第1会議室
参加者
38名
内訳:ゲームマスター(GM)7名、プレイヤー(PL)30名、スタッフ1名
夕食会参加者
一般参加者26名

会計報告

収入 計46,783円
くりこし:7,981円
プレイヤー参加者からの参加費:10,200円(学生200円×9名、社会人400円×21名)
夕食会参加費:28,600円(1,100円×26名)
カンパ:2円
支出 計35,583円
会場費:9,600円(800円×12時間)
アンケート用紙コピー代:200円
ゴミ袋代(家庭ごみ/大):400円
夕食会)オードブル代:21250円(850円×25人前)
夕食会)追加食事代:974円
夕食会)ソフトドリンク代:3,024円
夕食会)紙コップ代:135円

次回くりこし:11,200円です。

コンベンション会場での夕食会について、今回は参加費を100円上げました。料理の量を考えると、どうしても1,000円では赤字続きだったもので…。今回、夕食会単体での収支は黒字1,617円でした。

アンケート結果

セッション終了後、ゲームマスター参加者ならびにプレイヤー参加者に、アンケート用紙、Webにてアンケートに回答いただきました。
そのうち、「Webに掲載を希望しない」にチェックをされた方以外の回答(29名分)を集計しましたので公開いたします。

今回のコンベンションに参加した理由を教えてください

(自由記述式)

  • 毎回参加しているのと、11月に行われる「DAC TOHOKU 2015」の宣伝のため来ました
  • 定例(次回は厳しいかも)
  • これまでも楽しかったので、前回に続いて
  • 前々回(7月)のコンベンションに参加して楽しかったから
  • 前回参加したから
  • 前回のコンベに参加できなかったので
  • 今まで参加してきてそのどれも楽しめたから
  • 可能なら参加すると決めている
  • 以前参加して楽しかったため
  • 以前参加した時、すごく楽しかったから
  • 急に暇になったから
  • オフラインセッションに参加してみたかったため、検索サイトから参加申し込みをしました
  • オフラインセッションに興味があった
  • ネットで検索して
  • いろんな人とTRPGで交流できるから
  • TRPGのセッションをもっとやりたかったから
  • TRPGが好きだから
  • セッションしたいから
  • ゲームマスターをやりたかってので(3名)
  • 中田譲治の役をやりたかったため
  • 対応システムにプレイしたいものがあったため
  • トラベラーがやりたかったから
  • パールシードが立つと聞いて馳せ参じました
  • アイドルやるため
  • インセインをプレイしたかったから

今回遊んだセッション(ゲーム)の感想をお聞かせください

(自由記述式)

聖珠伝説パールシード

GM:ケイさん →「聖珠伝説パールシード」のゲーム紹介を見る

  • (ケイさんより)初めて十年会でGMをやることに加え、初めてGMをやるシステムだったのですが、PLの皆様の協力もあり無事に終わらせることができました。
    ちょっと駆け足気味に進め、あまりロールプレイをして頂く余裕はなかったのですが、皆様に笑って頂けていましたし、私自身も楽しめたので、良かったかなと思います。
    私もPLとして遊びたいので、どなたかGMやってくれるといいなぁ。
  • 凄く単純なシステムであるが、非常に面白い。
    3単語からなる人格設定のおかげで、ロールプレイもしやすい。また、ダンジョンをマッピングする作業も楽しい。
    初めてTRPGをやる人に勧めたい一作。GMデビューにもお勧め。

ダブルクロス The 3rd Edition

GM:S-N曲線さん →「ダブルクロス The 3rd Edition」のゲーム紹介を見る

  • 同じ卓になったPLの皆さんのロールプレイがよく、とても楽しめました。
    GMの方もとてもわかりやすく、ダブルクロスの経験はあまり多くないのですが、問題なく遊べました。
    またやりたいと思えるいいセッションでした。
  • 少々早く終わりましたが、プレイしやすい難易度でよかったです。
    GMさんの配慮でイージーエフェクトを1つだけおまけしてもらい、キャラの幅が広がったと思いました。
    機会があればキャラ作成をするほうもやってみたいと思いました。
    エフェクトの使い方や使えるのが不可なのがあるなどの知識も増えました。
  • なかなかダイス判定に恵まれず、ギリギリジャーム化してNPC化してしまいました。
  • 皆さん経験者の方で、サクサクとテンポよく進んでいました。
    悪役側で遊ぶシナリオは初めてでしたが、普段しないようなRPができて楽しかったです。

ウタカゼ

GM:小松@煙草屋さん →「ウタカゼ」のゲーム紹介を見る

  • (小松@煙草屋さんより)ウタカゼ初心者を3名もいただいてのセッションでした。皆さんで楽しく盛り上がっていく良いセッションをさせていただきました。色々と準備をしてみましたが、まだまだ学ぶことが多いなぁと実感しています。まぁ、まだまだ初心者の域ですので、これからも、楽しくプレイしていきます。
  • ほのぼのかと思いきや、途中からマッドマックスだった。
  • とても楽しかったです。
  • 初めのほうはダイスが振るわず涙目でしたが、終わりでPCキャラをお姫様抱っこで救い、またラスボスへのラストアタックを決められたので満足です。
  • 2回目のプレイですが、サプリも増えててキャラバンカーで旅して楽しかったッス!

ビギニングアイドル

GM:さいかゆきたかさん →「ビギニングアイドル」のゲーム紹介を見る

  • (さいかゆきたかさんより)ルール把握・ルール説明が不十分で、せっかく参加してもらったプレイヤーに迷惑を掛けてしまいました。次回からさらに精進します。
    それでも楽しんでいただけて、ありがとうございました。
    あと声のボリュームがでかかったですね、すみません。
  • ダイス目にすべてを左右されまくった。
    いちたりないや1ゾロが起きたりと散々だったが、ファンが一番多く獲得出来てよかった。
  • ロードトゥプリンスに関してはほとんど初めて触った状態でしたが、状況と面子が酷かった(褒め言葉)のもあってかなり楽しかったです。
    自然ってスバラシイ。
  • 一人以外はシステムの経験が少なかったが、大きな問題もなく楽しくセッション出来た。
    次々と生えてくる設定のおかげでロールもしやすかった。

インセイン

GM:斉藤克己(BTL)さん →「インセイン」のゲーム紹介を見る

  • (斉藤克己(BTL)さんより)色々と不手際があってプレイヤー様には申し訳なかったのですが、楽しんでいただけたようで嬉しいです。
    予想外の方向に進んでいってしまい驚きましたが、かえって面白くなりました。
  • 初めてのシステムでしたがしっかり説明・補足をしてもらい楽しく遊ぶことが出来ました。
    ショックが多くてドキドキしながらのプレイでしたが、皆無事に使命を達成出来てよかったです。
    PC1の主人公力が斜め上にすごくてドSになっていたのが面白く、PC2は探偵として一緒に調べ物してもらったりと心強かったです。PC4はPC1に愛憎を抱いてたのですが、PC1のようなドSはダメととめられたのが良かったです。
  • とても楽しかったです。
    使命を達成できました。しかしRPはあまり出来なかったのが残念です。
    狂気あふれるゲームでした。
  • ワタシの悪ノリ(出オチ)にPLの皆さんが付き合っていただいたこと、ありがとうございました。
    ボケに冷静に突っ込んでくれた料理人の人、私の秘密を奪っていったジャーナリストの人、ボスのHPを半分持っていき、戦闘のMVPと思っている探偵の人、凶行を受け止めてくれたGM、ありがとうございました。
  • 普通に見えて濃いPCが集まって楽しかったです。
    修羅場王はダメだと思う。
    狂気カード引きたかった。

Pathfinder RPG

GM:りょう。さん →「Pathfinder RPG」のゲーム紹介を見る

  • (りょう。さんより)参加された皆様が全員システム初心者ばかりで、楽しませられるか不安でしたが、皆さん的確に動いて相談もしていただけたので、無事に終わることが出来ました。ありがとうございました。
  • 初めてTRPGをプレイしたのですが、とても楽しかったです。また来たいと思ってます。
    ゴブリンという「正義」ではないキャラクターでのプレイでしたが、かえってそれが面白かったです。
    GMの方がルールの説明もその時々にしてくださったので、それもありがたかったです。
  • D&D系のシステムは初めてでしたが、ゲームマスターの丁寧な解説と補助により楽しく遊ぶことが出来ました。
    変り種のプレロールドキャラクターは魅力的でRPも盛り上がり、大変愛着がわきました。特に固有のミニチュアがかわいかったのが好印象!
    見せ場も作ることが出来て思い出深いセッションとなりました。
  • 初めてのシステムでドキドキでした。出目が後半ひどかったですが、色々とやりきりました。
    次があるならまたやりたいです。ゴブリンで。

トラベラー

GM:佐久間さん →「トラベラー」のゲーム紹介を見る

  • (佐久間さんより)サイコロの出目で予定外があり、たいへん楽しくレフェリーが出来ました。
  • 面白かった! 本格SFはなかなか出来ないのでありがたかった。
  • 昔のシステムっぽい、ざっくりとした感覚が楽しかったです。
    シナリオもとても派手で楽しかったです。
    ありがとうございました。

今回のコンベンションで、セッション以外によかった点をお聞かせください

(自由記述式)

  • 会場がきれいでとても過ごしやすかったです。
  • 部屋がきれいで明るかったこと
  • 会場が綺麗(2名)
  • 会場が駅から近いこと(2名)
  • 会場へのアクセスがよい(4名)
  • 仙台駅から近かったこと
  • 会場が便利で、良かったと思います。
  • 近い
  • 場所、立地(2名)
  • スーパーが近いこと(2名)
  • すずしかった!
  • 今日は余りまわりの声がうるさいとは感じなかった。
  • テーブルの距離
  • 以前より、周りの声が聞きやすかった
  • 参加者
  • 参加者全員が進行に協力的なところ
  • 初心者の方がたくさん来たらしいこと
  • 全体の空気、雰囲気
  • 話をしやすい雰囲気であるのが良かったです。
  • 年齢層のバランスから雰囲気が落ち着いている
  • 人数がちょうどよく卓決めが速かった
  • 人数の規模(多すぎず少なすぎず)
  • 卓の決め方が自由に動ける上に考える時間をもらえたところ
  • 卓の決め方が新しかったです。
  • 卓分けにあまり時間がかかっていなかったのが良かったように思います。
  • 卓分け方式は賛否ありそうだけど、次回もやってもらって、様子見た方がいいかと思った。
  • 運営
  • 仕切り方は相変わらず見事です。
  • 直前・深夜の申し込みにもかかわらず、参加させていただいてありがとうございます。
  • 夕食会が会場なのはやっぱり楽だと思いました。
  • これから始まるお食事会が楽しみです
  • お天気

今回のコンベンションで、セッション以外に悪かった点、気になった点をお聞かせください

(自由記述式)

  • 卓分け方式に関して、今日は最初から結構いい感じに分散されましたが、偏ると始まる前からGMのメンタルが目に見えて削れそうです(いつもの卓分けと違ってアレも目に見えるわけですし)。
  • 卓分けが公開だとGMのモチベーションに影響するかも、と少し思いました。また、遠慮して第一希望に行かないPLが出てくるのではとも思いました。
  • 行きたいシステムに向かうという卓の選び方はGMに厳しいかもしれないと思った(が、そんなことは起こらず安心した)
  • 移動型の卓分けは参加希望者が少ないとGMの精神にダメージ来ますので気をつけて。
  • 悪くはなかったのですが、PLの参加希望の取り方は、自分の卓に集まってもらえるのかとビクビクしていました。あまり集中している卓に行かないよう、PLの皆様も気を使ったのかなぁとは思います。
  • 卓分けの方法。PLからの視点ではどうかわからないが、GMする側としてはプレッシャーが強かった。
  • 卓分けの方法は、下手をすると空気が荒れる可能性があるので気をつけたほうがいいと思います。
  • 卓分け方式は、前回までの卓分け用紙による方法が良かったと思います(2名)
  • 会場が少し分かりづらかったです(会議室の位置)
  • 部屋がちょっと蒸してたこと
  • 少し空調が熱かったですかね
  • 室内の空調
  • 食事所
  • アンケートのやってみたいシステムに「エムブリオマシン」を書きたかった。
  • ??
  • 特になし(5名)

仙台TRPG十年会コンベンションでは、プレイヤー参加者の遊ぶゲームを決める際、普段は「卓分け用紙方式」を採用しています。受付時にプレイヤー参加者へ配布した「卓分け用紙」に遊びたいゲームの順番を書いてもらい、それを元にスタッフ側でプレイヤー割り振る方式ですね。

今回、変化をつけようと思って「卓移動方式」を採用してみました。プレイヤー参加者が遊びたいゲームの卓に直接移動して、人数が超過した場合には、話し合いやじゃんけんなどで実際にゲームを遊ぶプレイヤーを決めてもらう方式です。
人数超過した卓は1つのみでしたが、人気が直に見えるということで、ゲームマスター参加者にはプレッシャーを与えてしまったようです。
これには、当日いきなり宣言したということもかかわっているかもしれません。負担をかけてしまった皆様にはお詫び申し上げます。

もし苦手なTPRGがありましたら、そのシステム名(もしくはジャンル)と苦手な理由を教えてください。

(自由記述式)

  • SF、サイバーパンクは少しイメージしづらいけど、苦手というほどでもありません。
  • ほのぼの系。狂人のロールプレイが出来ないため。
  • TRPGをするなら戦闘がないのが少し苦手です。一戦でも戦闘があるほうが緊張感があって好みです。
  • 戦略的なシステムは少し苦手です。好きなんですけど、苦手です。
  • キャラクターロールのないタクティカルなゲーム
  • キャラメイクに時間がかかるシステム
  • フルプレロールドのPCを使うシステム。PCの背景や設定は自分である程度決定したい。
  • 「永い後日談のネクロニカ」。感情の判定だけでロールプレイすることが難しいため
  • 「艦これRPG」。原作をプレイしていないものが多いため
  • 「六門世界2nd」。ダメージ計算が前衛の数で頭割り=数の暴力が強すぎて大雑把なのがどうにも苦手です。
  • 特にない…かも(知らないだけかも)
  • 特になし(2名)
  • 人間誰でも好き嫌いが多少はあるもの。ちょっと興味本位で聞いてみました。
    答えにくい質問に答えてくださった皆様、ありがとうございました。

    コンベンション以外に、普段どんな環境でTRPGを遊んでいるか教えてください

    (自由記述式)

    • オンラインセッション
    • 週一回、オンラインセッションで遊んでいます。
    • オンラインセッション、オフラインでのキャンペーンセッション、たまにオフライン単発セッション

    この質問については、アンケート用紙には記載がありません。
    アンケート用紙は、コンベンション直前に上記の「苦手なTRPG」の質問に差し替えをしたのですが、Webアンケートについては差し替えが遅れたため、一部の参加者様にはこちらの質問に回答していただいています。

    公開日:
    最終更新日:2016/04/29