仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2015年9月27日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(Pathfinder)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2015年9月27日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、りょう。さんより「Pathfinder RPG」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

GMの名前

りょう。

GMの自己紹介

TRPG自体は25年くらいでしょうか。
主にD&DやPathfinder、クトゥルフ神話TRPG、TORGなどを遊んでおります。
FEARさんのゲームもたまに遊んだりします。

システム名

Pathfinder RPG

システムの紹介

Pathfinder RPGはD&D3.5版の流れを受け継いだTRPGシステムです。
色々あって残念ながら日本語化はしておりませんが、販売元であるPaizo出版社が自社サイトで基本ルールを無料で公開しております。
それを日本の有志の方々が訳しているPRD_Jというサイトがあり、そこで日本語でルールを読めます。
ルールとしては判定はすべて20面体で行い、自分の攻撃力値+ダイスの出目が相手の防御値を越えたら命中するというものです。
回避の判定は行いませんが、セーヴィング・スローと言う一種の防御判定はキャラクターが判定を行います。
毒を受けそうになったり、病気になりそうになったり、ドラゴンのブレスを回避したい場合はこれを行います。
世界設定としてはオーソドックスな剣と魔法のファンタジー世界です。

無理に見る必要はありませんが、念のためにPRD_JサイトのURLを載せておきますね。
興味がある方はチェックして頂ければ幸いです。
http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/1.html

対応可能プレイヤー数

4人

シナリオ名

『俺たちゃゴブリン!/We Be Goblins!』

シナリオの出典

Pathfinder RPGを出版しているPaizo出版社から只でDLできるシナリオです。

TRPG初心者対応

システム初心者対応

使用ルールブック

Pathfinder RPGのコア・ルールデータ

キャラ作成

プレロールド・キャラクターを作成して持って行きますので、キャラクターを用意する必要はありません。
サマリー、ミニチュア等も用意します。
参加希望の方は、筆記用具と各種ダイス(20面体は必須です)を持ってきていただければ大丈夫です。

シナリオのあらすじ、注意事項など

サンドポイントという町の南にある、ブラインスタンプ沼地に住むリックトード族。PCたちはそのリックトード族の「ゴブリン」です。
彼らは偉大な族長からある命令を受けることとなります。それは、これからのリックトード族が大きな存在となるための大事なミッションであり、その為にもある試練を受けなくてはならないとのこと。
彼らは無事その役目を果たし、リックトード族の英雄となることができるのでしょうか? それとも志半ばに倒れる哀れな小鬼のまま終わるのでしょうか?

シナリオの概要は以上です。
Pathfinder RPGでも敵役として出る事の多いゴブリンですが、今回はPCとして参加者の皆さんにプレイして頂きます。
興味のある方は是非いらしてください。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加