仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンション開催しています。

2022年7月9日(土)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(ナイトウィザード3rd)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2022年7月9日(土)仙台TRPG十年会コンベンションについて、うめつさんより「ナイトウィザード The 3rd Edition」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

最近ちょこちょこ仙台のコンベンションに顔を出すようになった、うめつと申します。
好きな言葉は「こりずに夢を描いていこう」(川嶋あいさんの歌「ドアクロール」の一節)
思い通りにならないこともあるけれど、頑張っても無駄になる努力や行動もあるけれど、それでも。

システム名、システムの紹介

システム名:ナイトウィザード The 3rd Edition

このゲームの舞台は魔法が存在している現代日本です。
ほとんどの人々は気づいていませんが、この世界は異世界の怪物(エミュレイター)による侵略を受けています。エミュレイターたちは人間のもつエネルギー(プラーナ)を奪い、人間を消滅させています。エミュレイターには、科学の力は一切通用しません。エミュレイターに立ち向かえるのは、魔法の力を使いこなすPCたち、ウィザードだけです。
PCたちの目的は、魔法の力を振るい、人間に仇なすエミュレイターを撃退することです。

判定には6面体ダイス2個を使いますが、クリティカル、ファンブルが起こりやすい判定方法なので、常にドキドキさせられます。

対応可能プレイヤー数

3~5人

TRPG初心者対応可否

可能

システム初心者対応可否

可能

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

6面体ダイスを2個(出来れば色の違うダイスをご用意ください)

使用ルールブック

基本ルールブックのみ

キャラクター作成、持込可否について

サンプルキャラクターを使用します。
申し訳ありませんが、持ち込みには対応出来ません。

シナリオ名、シナリオの出典

シナリオ名:侵魔館
出典:ナイトウィザード The 3rd Edition ファンブック ディア・フレンド

今回予告

紅い月が空に昇る時にだけ姿を現す不気味な館があるという。
館から現れた怪物が人をさらうとも館自身が人を飲み込むとも言われる
その館の秘密にウィザードたちが迫る。

*今回はダンジョンアタックに重きをおいたシナリオとなっています。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加