仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2015年2月14日(土)仙台TRPG十年会・冒険企画局オンリーコン ゲーム紹介(インセイン)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2015年2月14日(土)仙台TRPG十年会・冒険企画局オンリーコンについて、さぼりっこさんより「インセイン」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

GMの名前

さぼりっこ

GMの自己紹介

過去からの流れで、ダンジョンズ&ドラゴンズを遊ぶことが多いですが、基本面白そうなものは無節操に遊んでおります。

システム名

インセイン

システムの紹介

サイコロフィクションと呼ばれるシリーズのホラー担当です。
ルールブックには「サバイバル・ホラーからコズミック・ホラーまで何でもござれ」という書き方がなされておりますが、このシステムは3つの大きな要素からなります。

  1. キーとなる部分の一つに『狂気カード』とよばれるギミックが存在しますので、連鎖する狂気といったカタストロフ感を楽しむのが大きな根幹となります。
  2. シナリオに登場する人物やモノの様々な『謎』を解き明かし、フラグを立てると出現する新たなる謎を暴き、真相に近づくノベルゲームやゲームブック的な楽しみがあります。
  3. 最後に『シーン表』を振って、、ランダムに与えられたお題に自身の目的を当て填めながら、どうやってその試みを成功させるかを考える大喜利のような部分です。

この3つの要素と、他のPCと時には協力し、時には争い合うことで物語を紡ぐシステムとなっております。

・シナリオ名、シナリオの出典

「サルユメ」およびその続編の「なくおとさま」
一乃瀬友樹さんという方が作成された、「本当は怖い現代日本を」背景としたシナリオです。

・対応可能プレイヤー数

4名

TRPG初心者対応可否

基本、2d6を振って目標値以上の数値を出すだけのシステムなので、対応可能です。

システム初心者対応可否

サマリーを用意してあります。
システム初心者であっても「声を積極的に上げて、他PCを含めた『秘密』の解明に努める意識を持っていれば大丈夫です。

使用ルールブック

キャラクターメイクには、基本ルールブックのみを使用します。

・キャラ作成、持込可否について

特に難しくないので、当日作成です。
キャラクターの持ち込みは出来ません。

シナリオのあらすじ、注意事項など

今回予告

毎夜繰り返される夢。
見る夢はいつも同じ。
闇の中を走る列車の中で、ひとり、またひとりと殺されていく夢。
夢を見るたびに乗客は減っていく。
もうすぐ、自分の番だ。

そう。それはただの、どうということもない悪い夢。
夢の中で殺されたところで、どうにかなるわけでもない。
本当に?
そんなはずない。そんなはずない。そんなはずない。
別に怖がる必要なんかないのだ。
たとえ、次の順番が自分だとしても……。

シナリオは短めのシナリオ2部構成からなります。
上記要因から時間の配分が少々きつめと予想されますので、積極的にシナリオを進める行動をとってくださると大変嬉しいです。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。