仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2014年12月23日(火・祝)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(Pathfinder RPG)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただき、ありがとうございます。

2014年12月23日(火・祝)のTRPGコンベンションに向けて、ゲームマスター(GM)予定の方から当日のゲーム紹介の文章が届きましたので、その紹介をさせていただきます。
まずはりょう。さんの「Pathfinder RPG」からご紹介です!

GMの名前
りょう。
GMの自己紹介
TRPG自体は25年くらいでしょうか。
主にD&DやPathfinder、クトゥルフ神話TRPG、TORGなどを遊んでおります。
FEARさんのゲームもたまに遊んだりします。
システム名
Pathfinder RPG
システムの紹介
Pathfinder RPGはD&D3.5版の流れを受け継いだTRPGシステムです。
色々あって残念ながら日本語化はしておりませんが、販売元であるPaizo出版社が自社サイトで基本ルールを無料で公開しております。
それを日本の有志の方々が訳しているPRD_Jというサイトがあり、そこで日本語でルールを読めます。
ルールとしては判定はすべて20面体で行い、自分の攻撃力値+ダイスの出目が相手の防御値を越えたら命中するというものです。
回避の判定は行いませんが、セーヴィング・スローと言う一種の防御判定はキャラクターが判定を行います。
毒を受けそうになったり、病気になりそうになったり、ドラゴンのブレスを回避したい場合はこれを行います。
世界設定としてはオーソドックスな剣と魔法のファンタジー世界です。
無理に見る必要はありませんが、念のためにPRD_JサイトのURLを載せておきますね。
興味がある方はチェックして頂ければ幸いです。
http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/1.html
シナリオ名
『長い夜』
シナリオの出典
「4thCage」というサイトの運営をされているいしかわさんという方が、コンベンション等でGMをされたシナリオです。
TRPG初心者対応
システム初心者対応
使用ルールブック
Pathfinder RPGのコア・ルールデータ
キャラクター作成について
プレロールド・キャラクターを作成して持って行きますので、キャラクターを用意する必要はありません。
サマリー等も用意します。
参加希望の方は、筆記用具と各種ダイス(20面体は必須です)を持ってきていただければ大丈夫です。
シナリオの概要
PC達はソーンキープという小さな町の民兵である。なかでもまだ経験の浅いPCたちは、斥候として決められた範囲をパトロールするのが任務となっている。
一方、国境近くの土着のゴブリン 大牙族は、自分たちの勢力拡大のため、彼らの古代の英雄王の墓所を求めて国境への侵犯を繰り返していた。
PCたちが国境付近に残された砦跡—-そこはかつて「高き塔」と呼ばれた軍事拠点であったが、現在では幾度かの攻防戦により廃墟と化している—-の偵察を行った際、ゴブリン部隊と遭遇する。
どうやらこの砦の占拠を狙って大牙族の兵が向かっているようだ。この砦跡は廃墟とはいえ周辺では一番の高台にあり、ここに陣を構えられればやっかいなことになるだろう。しかも、ゴブリンたちはどうもこの砦で何かを探している様子もある。
本隊が到着するまでの数時間—-おそらくは翌朝まで—-を、PCたちは耐え抜かねばならない。

以上、どうぞよろしくお願いいたします!

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。