仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンション開催しています。

2022年8月7日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(虚構侵蝕TRPG)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2022年8月7日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、ウェイトリさんより「虚構侵蝕TRPG」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

仙台市、オンラインを中心にTRPGを遊んでおります、ウェイトリと申します。
今月25日で42歳の誕生日を迎える予定ですが(誕生日プレゼントは前後半年間大歓迎です)、TRPGをはじめて知ったのが中学2年の時ですので、28年位経ったんだなぁ、とぼんやり思っている次第です。

そんなTRPGですが、大学生の頃、ダブルクロスというゲームが発売された時、フラゲするために自転車で隣県の書店まで4時間かけて向かったものの売り切れており、帰り2時間経過した山中で自転車がパンクし、遭難しかけたのを思い出します。今は通販サイトも充実し、各県でルールブックを買える店も増え、本当に良かったなと思います。

システム名、システムの紹介

虚構侵蝕TRPG

舞台は現代の地球。ただしそこでは、映画作品を模した虚構(フィクション)が具現化し、現実を書き換えてしまう現象“虚構侵蝕”が発生します。
PCは“虚構侵蝕”を認識できる“観測者”となり、世界を本来の姿に戻すべく“虚構侵蝕”に立ち向かいます。
“観測者”は“虚構侵蝕”に立ち向かうため虚構の力を利用しますが、虚構の力に頼り過ぎると虚構から戻れなくなってしまう可能性をはらみます。
受け入れるのは虚構か現実か。それは“観測者”であるあなた達に常に委ねられているのです。
現実と虚構の狭間を行き交うキャラクターを楽しんで頂ければ幸いです。

シナリオは実在の映画作品を模して作られていることが多いですが、その映画作品を知っていても知らなくても楽しめる内容となっております。
また、公式サイトには無料公開のルールや世界観、観測者テンプレート(サンプルキャラクター)等も掲載されておりますので、興味を持って頂けたなら是非ご覧頂ければ幸いです。

対応可能プレイヤー数

2~4人

TRPG初心者対応可否

初心者大歓迎。7月30日発売のシステムなのでみんな初心者ですよ!

システム初心者対応可否

初心者大歓迎。7月(以下略)

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

4面、6面、8面、10面、12面、20面ダイスを最大3個ずつ。また、トランプを1~2セット使いますがトランプはこちらで用意いたします。

使用ルールブック

虚構侵蝕TRPG
※ルールブック未所持でも大丈夫です。

キャラクター作成、持込可否について

観測者テンプレート (サンプルキャラクター)を利用し、当日かんたん作成ルール(名前や性別等何点かを決めます)で観測者を作ります 。持込は不可です。

シナリオ名、シナリオの出典

当日のプレイヤー人数に合わせて、ルールブック掲載シナリオ、或いはRole&RollVol.214掲載シナリオからシナリオを選んで遊ぶ予定です。
何の映画が題材作品かは当日のお楽しみということで。

こんなプレイヤーにお勧め

キャラクターが虚構を利用する場合等、自由な演出が認められています。
想像力を働かせて遊びたい方、虚構に侵蝕されていくリスクを楽しみたい方にお勧めです。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加