仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2021年2月28日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(眠りの宇宙と魔法の子)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2021年2月28日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、BTLさんより「眠りの宇宙と魔法の子」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

※このゲームが遊べるかについては、コンベンション当日に決定いたします。必ずこのゲームが遊べるわけではございませんのでご了承ください。

ゲームマスターの名前

BTL

システム名

ちいさな夢のRPG 眠りの宇宙(そら)と魔法の子』(抹茶の日様 製作)

システム紹介

PCは“眠りの宇宙”を訪れた“スターウィッチ”となり、誰かの願いを叶えるためにがんばる、というRPGです。

“眠りの宇宙”とは?

現実世界の太陽系に似た構成をもつ異世界です。とはいっても、距離感や環境は現実とは異なっており、ほかの惑星にも手軽に行くことができ、またそれぞれの惑星も住民が生活しています。現実世界からは、夢を介したイメージの投影のような形で訪れることになります。

“スターウィッチ”とは?

“眠りの宇宙”を訪れることができる、現実世界に住む主に少年少女で、PCはすべてスターウィッチになります。条件ははっきりしませんが、一定以下の年齢で、何らかの願いを抱えていることがほとんどです。眠りの宇宙では魔法のような能力と、ほかの惑星に移動でき、戦闘機にもなる乗り物を持ちます。

なぜ他人の願いを叶えるの? またどうやって叶えるの?

他人の願いを叶えると、“願いの欠片”を獲得でき、それが一定量貯まると自分の願いが叶えられます。また、叶えるべき願いに対して、世界の中にそれを叶える手段や物品があり、それを探すことが一般的です。とはいえ、ストレートに目的に近づけるわけではなく、いろいろな下準備や、いろんな星での散策などを行う必要があり、なかなか一筋縄ではいきません。

プレイヤー人数

3~5人

TRPG初心者対応

歓迎します

システム初心者反応

歓迎します(おそらくゲームマスター含め全員初心者です)

使用するサイコロ

1人あたり6面を10個くらい

キャラクター作成

当日作成します(ルールブックのサンプルキャラを使用しても良いですが、3人分しかありませんのでどうしても自作する方は出てきます)。
但し、PCが乗る宇宙船は特に希望がない限りルールブック掲載のものを使用します。

使用ルールブック及びレギュレーション

基本ルールブックで、初期作成のPCとなります。

シナリオ名

眠りの宇宙と銀河鉄道(自作)

シナリオのあらすじ

「SLに乗りたい」それがPCたちスターウィッチの最初に叶える願いでした。叶え方を“導き手”に相談したところ、「こちらの世界で蒸気機関車を作って、それを世界中に周知すれば、願いを持つ子が眠りの宇宙にいるなら乗りに来てくれるだろう」という方法を提案された。そんな技術を持った人間なんてこの世界には……え、いるの?

ゲーム内容についての補足

叶え方は変則的なものの、シナリオの流れは基本に忠実に作ったつもりです。ゲームマスターも手探り状態なので、お気楽にどうぞ。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加