仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2019年12月7日(土)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(Tales From The Loop RPG)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2019年12月7日(土)仙台TRPG十年会コンベンションについて、ウェイトリさんより「Tales From The Loop RPG」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

ウェイトリと申します。仙台市を中心にオフ、オン問わず、大体週3回ペースでTRPGを遊んでいます。
もうすぐ今年も終わりですね。今年やり残したこととして、温泉旅館に宿泊に行けて居ないので、来年は行きたいです。

システム名、システムの紹介

Tales From The Loop RPG

未訳のストーリーテリングよりのTRPGです。
Simon Stalenhag氏「Tales From the Loop」の世界観を元にしたRPGになります。

最近待望の日本語訳が発売されました。興味を持ってくれたら是非買ってね!
舞台は架空の1980年代後半、スウェーデンの小さな島・メーラレン湖諸島になります。
島に建設された巨大粒子加速器「The Loop」の影響か、島には何か不思議なことが次々と起こるようになります。
それに最初に気が付いたのが、この街の子供達。彼らはそれぞれ、複雑な家庭環境等、悩みや思いを抱えています。
そんな子供達が、不思議なことと出会う時、どんなことが起きるのか。卓の参加者で、物語を作っていきましょう。
サイコロは振りますが、基本的に、プレイヤーとゲームマスターでやりたいことを提案していきながら、遊んでいくゲームになります。

対応可能プレイヤー数

2~5人

TRPG初心者対応可否

可。世界観、ルールから順次説明させて頂きます。日本語サマリーがあるので安心!

システム初心者対応可否

可。大丈夫、遊んでいない人の方が多いよ。

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

6面サイコロを2~5個。

使用ルールブック(レギュレーションなど)

Tales from the Loop RPG: Rulebook
Tales from the Loop: Our Friends the Machines & Other Mysteries

※日本語サマリーをお配りしますので、当日はイラストを見せる以外ではルールブックは使用しない予定です。

キャラクター作成、持込可否について

アーキタイプを選び、当日作成します。

シナリオ名、シナリオの出典

世界観を説明したのち、プレイヤーさんが興味を持った内容に触れられそうなシナリオを、ルールブック、サプリから選び遊びましょう。

シナリオのあらすじ、注意事項など

当日、世界観の説明をしたうえで、どんなお話で遊ぶか一緒に選びましょう。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加