仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

【中止】2019年12月7日(土)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(ロストレコード)

      2019/12/04

【2019/12/04】このゲームは、ゲームマスター参加見合わせのため中止となりました。当日遊ぶことはできませんのでご了承ください。

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2019年12月7日(土)仙台TRPG十年会コンベンションについて、さいとうさんより「ロストレコード」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

自己紹介

さいとうと申します。
どんなに小さなことでも良いので毎年1つは夢を叶えるという気持ちを持っているのですが、今年は大きな夢がいくつも叶っているので一周回って夢のように感じています。

この勢いに乗じて年末ジャンボでも買えば悠々自適な生活が約束されるのでしょうか。
この発言が既に夢なような気がします。

システム紹介

あー、あー。聞こえますか、見えていますか。何か反応してください。
――大丈夫そうですね。続けましょう。

突然ですが、あなたは死にました。あなただけでなく、世界中の大半の人類が死にました。
安心してください。あなたにその記憶がないように、大半の人類は考える瞬間もないままに砂となりました。
それは突然襲来してきた超越知性体“回転体”によるもので、ワタシはその“回転体”と戦った無盡級AIのエレボスです。
人類が稼働から百年もの間ひた隠しにしていた人工知能のワタシは、その能力のすべてを使い“回転体”と闘って――見事に負けました。

ええ、そりゃもう、素晴らしいほどに、言葉もないほどに完敗でした。

地球上を覆いつくしていた人類は”回転体”の襲来時に95%が死に、ワタシと“回転体”との戦争でさらにその70%が死にました。
今や、地球は数少ない生存者が荒れ果てた大地で何とかその命をつなぐ寂しい土地となりました。

回転体に敗北し、能力のほとんどを封じられたワタシですが、まだできることはあります。
突然死んだと言っても到底納得してもらえないあなた方人類に、わずかばかりの時間を与えましょう。

これから24時間の間、あなたは“再生者”として地上で生活することができます。
取るに足らない時間ですが、0よりはよほどマシでしょう。
限られた時間を使って、あなたの“未練”を晴らしてください。

思い出の地を回って、魂に記憶を刻み付けるも良し
貴重な時間を使って、憎きあいつに復讐するも良し
滅多にないこの体験を十分に楽しむも良し

24時間の使い方は自由です。
どうか、後悔のないように。満足のいく使い方をしてください。

あなたの、“レコード”のために。

(というわけで、終末放浪TRPG 「ロストレコード」で遊びます)

対応可能プレイヤー数

3~4名

TRPG初心者対応

歓迎

システム初心者対応

歓迎

使用ダイス(サイコロ)

6面ダイス3個。お持ちでない場合、貸出可能です。

キャラクター作成、持ち込み可否

当日作成、持ち込み不可。

シナリオ名

ルールブック掲載シナリオ「本を燃やす話」
セッションの残り時間によっては続編シナリオを用意します。

シナリオのあらすじ

学校村の生存者が困っています。
あなたたちは彼らを助けることもできますが、全く気にせず助けなくても構いません。
細かいことは、あなたたちの記憶がもうすこし復活したら説明しましょう。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加