仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2019年11月17日(日)第2回仙台シノビガミ「楽園」オンリーコン ゲーム紹介(GM:さいとうさん)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2019年11月17日(日)第2回仙台シノビガミ「楽園」オンリーコンについて、さいとうさんよりゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

人間社会に潜んで社会の歯車に扮している忍者、さいとうと申します。
TRPGを始めてからというもの、「あの時は楽しかったな」「ああいう体験をもう一度してみたいな」と思うことが日々積み重なっていきますが、間違いなくその中の一つとして挙げられるのがこの「楽園」を通して感じた体験です。
その時の体験を忘れずに、今回はGMとして参加いたします。

「楽園」についての印象

TRPG、もといセッションは生き物であり、遊ぶ人や時間、その瞬間によって変わっていくものですが、「楽園」というシナリオはその変化を“正しく”感じることができる数少ないシナリオだと思っています。

他箇所でも散々説明されている通り、このシナリオは複数回遊ぶことを想定されて作られています。
同じシナリオでありながら遊ぶ人やその時々によって展開も感想も大きく変化し、そのたびに生きた物語を味わうことができる素晴らしいシナリオだと思います。

今回はその中の1回として皆さんと楽しい時間を過ごせるよう、微力ながらお手伝いさせていただきます。

シナリオスペック

レギュレーション:現代編
タイプ:特殊型
リミット:4
プレイヤー人数:4~5人
プライズ:文化祭の思い出
使用追加ルール:ペルソナ、エニグマ

TRPG初心者の方やシノビガミ初心者の方が多い場合、追加ルールの変更を行う場合があります。
その場合、卓分け終了後に改めてアナウンスいたしますのでご了承ください。

「楽園」経験者の方に補足すると、プレイヤー5人の場合にはNPC「諸星真琴」のハンドアウトをPC用にコンバートします。
「楽園」未経験の方は「なんか変わるんだな」くらいに思っていてください。

対応可能なシナリオバリエーション

  • 未経験型(楽園未経験者のみ参加可、基本のシナリオ)
  • 混在型(楽園経験者と未経験者を混ぜて遊ぶ)

TRPG初心者対応可否

歓迎します。

シノビガミ初心者対応可否

歓迎します。

キャラクター作成、持ち込み可否について

キャラクターの持ち込みは不可とします。
また、基本はルールブック掲載のサンプルキャラクターを使用しますが、プレイヤー全員が下記条件を満たす場合に限り当日キャラクター作成を行います。

  • 基本ルールブックを所持していること(自由に参照可能であること)
  • 名前の決定、流派の決定を含みGMの説明なしでもキャラクター作成が可能であること
  • 1時間以内にPC番号の決定を含むキャラクター作成を完了すること
  • 上記の条件でプレイヤー全員の同意を得られること

プレイヤーへのアピールポイント

本卓では大きく手を加えず、「楽園」というシナリオに忠実なセッションを楽しんでいただきます。
皆さんには清陵(せいりょう)学園という私立高校の生徒となっていただき、生徒として学園祭の前日からシナリオを開始していただきます。

当日の参加者が決定した段階で全体のレベル調整を行いますので、TRPG初心者の方、シノビガミの経験がない方、不安な方もご安心ください。

皆様と楽しい学園生活が送れることを楽しみにしています。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加