仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2019年11月17日(日)第2回仙台シノビガミ「楽園」オンリーコン ゲーム紹介(GM:チーズさん)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2019年11月17日(日)第2回仙台シノビガミ「楽園」オンリーコンについて、チーズさんよりゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

初めまして、チーズと申します。私は「楽園」を第1回の楽園コンの時初めて遊びました。
今回初めて遊ぶ方が、当時の私か、それ以上の楽しさを味わえるよう頑張ってゲームマスターをさせて頂きたいと思います。

「楽園」についての印象

忍者で青春……恋愛……シノビガミってこういう風にも遊べるんだなあと、新鮮に感じました。

シナリオスペック

レギュレーション:現代編
タイプ:特殊型
リミット:4
プレイヤー人数:3~5人
プライズ:文化祭の思い出
使用追加ルール:ペルソナ、エニグマ

対応可能なシナリオバリエーション

  • 未経験型(楽園未経験者のみ参加可、基本のシナリオ)
  • 混在型(楽園経験者と未経験者を混ぜて遊ぶ)
  • 経験型(楽園経験者のみ参加可)

TRPG初心者対応可否

歓迎

シノビガミ初心者対応可否

歓迎

キャラクター作成、持込可否について

基本はサンプルキャラクターを使用します。キャラクターシートの持ち込みは不可です。
サンプルは基本ルールブック掲載のものを使用します。

プレイヤーへのアピールポイント

シナリオバリエーションの「未経験型」については、シナリオ内容やギミックについて変更を加えて回すことはなく、基本に忠実に回させて頂きたいと思います。
しかし「経験型」や「混在型」では、NPCの方々の背景や個性を、シナリオに影響が出ない範囲で変えて回させて頂きます。
どういった変更かといいますと、一言で言えば「恋をする資格」です。
自分が楽園を遊んだ後にふと思い浮かべた「恋をする資格というものがあるならば……」をちょっとだけ反映させてみました。
皆様の楽しい文化祭が輝かしいものとなるよう、努めて参りますのでよろしくお願いいたします。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加