仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2019年2月24日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(ソードワールド2.5)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2019年2月24日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、いしざわさんより「ソードワールド2.5」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

自己紹介

いしざわと申します。仙台TRPG十年会ではゲームマスター、プレイヤー両方で参加させていただいています。いつもは、ソード・ワールド2.5、アリアンロッド2E、マージナルヒーローズ、神我狩などを遊んでいます。

迷宮、ダンジョンと言われて思い浮かべるのは、Wizardryでしょうか。初めてプレイしたのは、ゲームボーイの外伝だったと思います。テレポーターの罠にかかって、石の中に飛ばされてキャラクターをロストしたのも今は良い思い出です。

システム紹介

ソードワールド2.5はラクシアと呼ばれるファンタジー世界を舞台に、人間、エルフ、ドワーフなどオーソドックスな種族や、ナイトメア、リカント、メリア、ティエンスなどソードワールド2.5のオリジナル種族の冒険者となって、遺跡探索や蛮族との戦闘などに挑んでいくTRPGです。
判定方法は、「能力値ボーナス」+「技能レベル」+6面体2個で「目標値」以上で成功というものです。

対応可能人数

3~5名

TRPG初心者対応

可能です。

システム初心者対応

可能です。

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

6面体2個

使用するルールブック

ルールブックI、II、III。
GMが複数用意しますので所持してなくても大丈夫です。
また、戦闘はルールブックIIに載っている上級戦闘を使用します。

キャラ作成

当日作成します。追加経験点+13000点で、5LVのキャラを作成してもらいます。

シナリオ名

果て無く続く軌跡(自作シナリオ)

あらすじ

冒険の舞台「アルフレイム大陸」を象徴するものの一つ「魔動列車」。
かつて大陸中を走っていたそれは、300年前の蛮族との全面戦争で破壊されたが、人々の不屈の精神と情熱を持って復活を遂げた。そして現在、再び大陸中に鉄道路線を敷くため人々は努力している。
そんな路線の工事現場の護衛を頼まれるところから話は始まります。

今回のシナリオは野外を舞台としたウィルダネスアドベンチャーです。スカウト、レンジャー、セージ、マギテック辺りが活躍できると思います。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加