仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2019年2月24日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(ストラトシャウト)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2019年2月24日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、おきさんより「ストラトシャウト」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

こんにちは、おきと申します。

今回の自己紹介のお題はダンジョンにまつわるエピソードについてだそうです。
幼いころ、何度も連れて行ってもらった隣町の大きな公園、その片隅には子供の背丈ほどの高さの生垣で作られた迷路状の庭園がありました。
私はそこが大好きで、その迷路を利用してもっぱらかくれんぼに興じていました。
あれが私にとっての初めてのダンジョン探索だったことでしょう。

そういえば、極度の人見知りだったはずの幼い頃の私はいったい誰とかくれんぼをしていたのでしょうか。
男の子だったのか女の子だったのか、どんな服でどんな声だったか。
まるで抜け落ちたかのように、どうしても思い出せないのです。

システム名、システムの紹介

「青春バンドTRPG ストラトシャウト」は、ロックバンドの青春を描く「サイコロ・フィクション」シリーズ最新作です。
仲間とバンドを組んで、魂を震わす音楽で不安や失意に囚われた人々を救います。
好きなアーティストの歌詞を題材として、セッション中に演奏することができる本作ですが、今回は歌詞を作るところから始めてもらいます。

対応可能プレイヤー数

3~5人

TRPG初心者対応可否

対応します。
かなりシンプルで理解しやすいシステムだと思います。

システム初心者対応可否

対応します。
また、私はバンドについてまったく詳しくありません。
音楽に興味の無い方こそ楽しく遊べるマスタリングを目指します。

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

六面体を数個

使用ルールブック

青春バンドTRPG ストラトシャウト

キャラクター作成、持込可否について

当日作成します。持ち込み応相談。

シナリオ名、シナリオの出典

「ストラトヒーローズ! 別れは再会の始まり」(自作シナリオ)

シナリオのあらすじ、注意事項など

注意:このシナリオは大学受験を題材にしている。ショックを受けそうな人はここで引き返そう。


西暦20XX年、とある並行世界。人々は「シガラミ」の脅威にさらされていた。
シガラミは人々の心の隙間に憑りつき、肉体すら支配し恐るべき「怪人」へと変えてしまうのだ。
怪人への対処が見つからないまま蹂躙されていた人々であったが、ついに、ある種の「音楽」が怪人に効果的に作用し、シガラミを取り去って彼らに人間の心と姿を取り戻させることを発見した。
こうしてヒーロー組織「イグニッション」の下、史上初の“演奏しながら戦う正義の味方”「ストラトヒーロー」たちが誕生した。

時期は2月、私立青ヶ音(あおがね)高校の3年生「加々見ユウキ」の進路は未だ決まっていなかった。
大学受験の前期試験に失敗したユウキは、志望校を変えることなく数日後に控えた同大学の後期試験に望んでいた。
ユウキの同級生「佐倉マコト」は、ユウキの命を削るような勉強への打ち込みを心配していた。
マコトに相談を受けたPCのひとりは、ユウキがシガラミに憑りつかれていることに気づく。
このままではユウキは受験日に怪人へとなり果て、受験に失敗してしまうことはおろか、その力で無辜の市民を傷つけてしまうだろう。
ユウキを救う方法はただ一つ、ユウキの抱えるシガラミを探り、対策を講じて弱体化させ、怪人と化したユウキに正義のビートを叩き込んでシガラミを取り払うことだけだ!

ところでヒーローには熱い主題歌がつきものだ。
ここに「マージナルヒーローズ」サプリメント掲載の主題歌表があるじゃろ?
自分たちだけの主題歌を作ってプレイするんだ! ヒーロー!
音楽の素人大歓迎、戦隊ヒーローになりたい人募集中!

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加