仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2018年12月16日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(翠緑のフローリア)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2018年12月16日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、ケイさんより「翠緑のフローリア」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

ケイと申します。
一時期、ココアとプリンという名前のウサギを飼っていました。
可愛かったのですが、学校の行き帰りであまり世話していなかったなぁと今更ながらしんみり。
ペットには食べ物の名前を付ける方が多そうな気がするのですが、実際どうなんでしょう。

システム名、システムの紹介

森と魔法のナチュラルRPG 翠緑のフローリア

魔法の森に覆われた世界でひっそりと生きる人々。
プレイヤーはその中でも「森の魔法使い(フローリア)」と呼ばれる存在となります。
もちろん様々な魔法を使うことができるのですが、このゲームで特徴的なのは魔法の使い方。

各魔法使いは自分だけの「魔法脈キャンバス」を持ち、キャラクター作成時やゲーム中に様々な図形を描いていきます。
そのキャンバス内の三角形や四角形、五芒星を塗り潰すことで、魔法を使うことができます。
実際に遊んだ時のキャンバスの様子はこちら。

世界観はゆるふわ。
魔法使いたちは植物をモチーフにしたお洒落な衣装や可愛いアクセサリを身に着け、町の皆の困りごとを解決していきます。
ゲームが終わる頃には、自分だけのキャンバスができあがっていることでしょう。

対応可能プレイヤー数

3~5人(推奨:3~4人)

TRPG初心者対応可否

可能です。ゆるっと来て頂ければと思います。

システム初心者対応可否

可能です。初めての人ばかりになると思いますので、ふわっとお越し下さい。

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

6面体を2個。
あと、定規と2色程度のフリクションがあれば便利です。
GM側で人数分は用意します。

使用ルールブック(レギュレーションなど)

森と魔法のナチュラルRPG 翠緑のフローリア

キャラクター作成、持込可否について

一から作成します。

シナリオ名、シナリオの出典

ルールブックのサンプルシナリオより「月の丘の小夜曲[セレナーデ]」

シナリオのあらすじ、注意事項など

記憶の中の、美しい月の丘。
長い時が過ぎても、心に眠る「あの夜」は、決して色あせることがなかった。
だから。
少女は魔法使いに守られて、輝く町を抜け出した。
戻れぬ道に踏み出す前に、もういちど――彼に会うために。

翠緑のフローリア
「月の丘の小夜曲」

森と魔法が織りなすこの美しい世界で、さあ、不思議な物語をはじめましょう。

【備考】

新作かつ同人システムという物珍しいものに興味がある方は是非。
お菓子を用意してお待ちしておりますので、森の中のお茶会気分でお越し頂けたらと思います。
なお、ゲームの世界観の紹介やキャラクター作成に時間をかけようと思いますので、動物園には行かない方向で考えています。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加