仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2018年11月10日(土)仙台シノビガミ「楽園」オンリーコン ゲーム紹介(根尾さん)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2018年11月10日(土)仙台シノビガミ「楽園」オンリーコンについて、根尾さんよりゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

初めましての方は初めまして。
そうでない方はご機嫌麗しゅう。
根尾(ねお)と申します。
ボクにとっての「楽園」は以前から遊びたかったシナリオでしたが、なかなかプレイヤーで参加できず、念願叶って今年遊ぶことが出来ました。

「楽園」についての印象

実際に遊んだときは、あるハンドアウトを引いたのですが、自分好みの内容だったので、平静を装いつつも内心ガッツポーズした覚えがあります。
セッション中に起きた出来事はネタバレになるので言えませんが、心に残る想像以上に楽しいセッションでした。

シナリオスペック

レギュレーション:現代編
タイプ:特殊型
リミット:3~4
プレイヤー人数:4~5人
プライズ:文化祭の思い出
使用追加ルール:ペルソナ、エニグマ

プレイヤー人数が4人の時はリミット4、5人の時はリミット3にする予定です。
(変更の可能性はあります)

対応可能なシナリオバリエーション

  • 未経験型(基本のシナリオ。「楽園」を遊んだことがない方のみ参加可能)

TRPG初心者対応可否

可。歓迎します。

シノビガミ初心者対応可否

可。歓迎します。

キャラクター作成、持込可否について

サンプルキャラクターを使用します。
サンプルキャラクター選択後、中忍のキャラクターを作成します。
(特技1個追加、忍具2つ獲得、奥義1つ習得)

キャラクターの持込、背景の取得、奥義開発は不可とします。

プレイヤーへのアピールポイント

プレイヤーが4人の場合はシナリオに手を加えないで遊んでいただく予定です。
プレイヤーが5人の場合はオリジナルのハンドアウトを追加予定です。ふふふ。
いずれにせよロールプレイを重視した卓を考えています。
同卓した皆様と思い出に残るセッションになりますよう、頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加