仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2018年10月21日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(シノビガミ)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2018年10月21日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、あまざけさんより「シノビガミ」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

※2018年10月17日現在、このゲームは予備卓となっております。コンベンション当日に遊ぶことができない場合がございますのでご了承ください。

ゲームマスターの名前、自己紹介

こんにちは。初めての方もそうでない方もはじめまして、あまざけです。
今回は帰る場所、なんてテーマで話をすると、僕の帰る場所は福島ですね。
実はハマっこなので割と思い切りがはっきりしている気がします。

システム名、システムの紹介

今回遊ぶシステムはシノビガミです。
現代的な舞台でシノビとなって任務を達成したりします。
このシステムの特徴、なんといってもライトなPVPが出来ることです。

*PVP:プレイヤー対プレイヤーの戦闘のこと。大きなボスをみんなで倒して、というのとは違う楽しみがある。

プレイヤー同士の譲れないもの、シノビとしての掟、etc……
あなたのキャラクターのクソデカい感情をぶつけ合うにはもってこいですね?

対応可能プレイヤー数

4人

TRPG初心者対応可否

もちろん大歓迎です!
TRPGってこんな感情揺さぶられるんだ?? みたいな経験をしてもらえたらなぁと思ってます。

システム初心者対応可否

ぜひぜひお越しくださいませ!
2018年12月8日(土)に開かれる祭典、ハッピーしんどいコンに向けてシノビガミ予習しませんか???

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

6面体のサイコロが2~3個程度あれば大丈夫です。
プロット用の見やすい大き目のダイスはこちらでお貸しします。

使用ルールブック(レギュレーションなど)

基本ルールブックを使用します。

キャラクター作成、持込可否について

キャラクターはサンプルを使用し、持ち込みは不可です。

シナリオ名、シナリオの出典

シナリオ名「シシの理」
自作シナリオ

シナリオ概要

裏の世界に忍ぶモノたち、そこにもまた秩序は存在する。
道を外れた力を、荒ぶる獅子を消す力もまた必要なのだ。
“司死”、それはこの国の闇の闇、いかなる強者の死さえ司る者たち。
そして今日、長い歴史を持つ暗殺集団“篝火”に一人の司殺官が訪れる。
巷で騒がれる連続殺人事件、その真実を明らかにする為に。

補足

シノビガミ経験者の方に向けて説明すると、司死とは今回卓の独自の設定で、常夜の実力組織というイメージです。
このシナリオは当初コンベンションで回す想定ではなかったので、救えないNPCがいるなどの好みが分かれる演出が含まれます。
が、その分かなり濃いロールプレイが出来るシナリオだと自負しているところです。
12月のハッピーしんどいコンという祭典が開かれるため、それに向けてしんどい沼を体験していただきたいなと思います!!

(編注:2018年11月10日(土)に、仙台TRPG十年会主催で『仙台シノビガミ「楽園」オンリーコン』も開催されますので、そちらもよろしくお願いします!)

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加