仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2018年8月19日(日)クトゥルフ神話TRPGオンリーコンin仙台 ゲーム紹介(さぼりっこさん)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2018年8月19日(日)クトゥルフ神話TRPGオンリーコンin仙台について、さぼりっこさんよりゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

キーパーの名前、自己紹介

さぼりっこです。
クトゥルフ神話を知ったきっかけは、何かの本だったか、雑誌で紹介されていたのを見て図書館に探しに行ったのが最初でした。
古臭くて黴臭い文章、厨二的な内容に心を鷲掴みされて、巻末の追補をコピーして辞典つくったりも(黒歴史
でも、当時はそこまでクトゥルフ神話に飛びついてくれる盟友はいなくて寂しかったのは覚えています。

TRPG初心者対応可否

歓迎

システム初心者対応可否

歓迎

対応可能プレイヤー数

3~4

使用ルールブック、レギュレーションなど

基本ルールとオリジナルルールを使用します。
マスターは、キーパーコンパニオン、ダニッチの怪を使用します。
オリジナルルールは、シナリオの出自がボードゲームなので、そのルールを一部適用したいと思っています。

キャラクター作成、持込可否について

キャラクターは当日作成いたします。

シナリオ名、シナリオの出典

シナリオ名:助けを呼ぶ声
出典:マンション・オヴ・マッドネス第一版、サプリメント:荒野の呼び声

シナリオのあらすじ、注意事項など

保安官代理の行方が判らなくなってまもなく2日になる。彼は3人の死体を見つけ、君たちに依頼をしてきた。死体にはどれもオカルト的な文様が刻まれていた。今やこの地元の治安の番人が4人目の犠牲者となったのではないかと危惧される。君達はここに到着したばかりだが、とにかく時間は貴重だ。

君達にとって、この殺人におけるオカルト的な意味は明らかだった。5人の生贄を用いて何か「良く無い事」を行うつもりなのだ。保安官代理が実際に犠牲者となっているのだとすると、あと1人の生贄で召喚の儀式は達成されてしまう。

召喚の儀式が成されるかもしれないと考えるだけでも気が滅入った。
保安官代理のメモには3人の容疑者が記されていた。
アミ・ビアース……あの頭のおかしな老人は実は魔術の達人ではないか。
コリーナ・ジョーンズ……いたって普通に見える彼女が陰ではカルトと繋がっているのではないか。
エリック・コルト……悪夢のごとき逸話を数多く持つこの男が裏で恐怖の糸を引いていたのではないか。

この3人のうちの誰かが邪悪な策略の黒幕であるのは疑いようもないのだ。
無実の2人のどちらかがおそらくは次の犠牲者となるのだろう。
謎めいたこの敵はもう次の生贄を決めているはず。手がかりを探し、容疑者らと話すのだ。犯人がわかったのなら、ただちに自分の身と犠牲になりうる他の者らを守ることだ。やるかやられるか。皆の運命が君の活躍にかかっている。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加