仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2018年8月19日(日)クトゥルフ神話TRPGオンリーコンin仙台 ゲーム紹介(神崎涼さん)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2018年8月19日(日)クトゥルフ神話TRPGオンリーコンin仙台について、神崎涼さんよりゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

キーパーの名前、自己紹介

皆様はじめまして、神崎と申します。
クトゥルフのTRPGは、中学の頃、初めて行ったコンベンションで右も左もわからないままに座ったところがクトゥルフテーブルだったという思い出があります(ビヤーキー強かった!)。
比較的人の命が軽いシステムではありますが、甘めのセッティングをしておりますのでご安心(?)ください。
シナリオという舞台を通して、参加者同士が楽しくコミュニケーションを取れるようなテーブル運営を目指しております。
当日はどうぞよろしくお願い致します。

TRPG初心者対応可否

歓迎

システム初心者対応可否

歓迎

対応可能プレイヤー数

2~4名

使用ルールブック、レギュレーションなど

Call of Cthulhu 7th Edition(国内展開されているもののひとつ上の版です)のクイックスタート(お試し品)を基本とし、コアルール(製品版)の内容を少し加えた形で運営します。

キャラクター作成、持込可否について

探索者の作成についても上記「使用ルールブック」同様のレギュレーションで当日、参加者全員で行います。

シナリオ名、シナリオの出典

「Don’t catch a cold」(未公開自作シナリオ)

あらすじ

小雨の降る暗い空の日、グリニッジ・ヴィレッジの墓地より遺体が消えた。現場には違和感を覚える奇妙な形の水溜まりと、微かだが妙に癖のある悪臭が残っていた。
事件を担当することになった刑事は仲間に助言を求めるべく行き付けのソーホーのダイナーへ向かう。
そこで事件を紐解く意外な手掛かりと出会い、そして――。

注意事項

全般的に経験の少い方に向けた運営を行います。
ベテランの方々には物足りない内容かもしれません。
7版で加わったいくつかのルールを紹介したいので、システム性が強く出る場面があります。

「こんなプレイヤーに遊んでほしい」

PCたちは物語の主人公となり、参加者全員でひとつのお話を作ろうという趣旨で運営します。
探索者を通して他の探索者やNPCと会話をしたり、物語の雰囲気を楽しみたい方はぜひ。
逆に、ロストしたい、発狂したい、シビアなゲームがしたい、不自由を楽しみたい、ダイスの女神信者の方には不満が出る可能性があります。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加