仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2017年4月23日(日)仙台TRPG十年会 THE FINAL ゲーム紹介(スペオペヒーローズ)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2017年4月23日(日)仙台TRPG十年会 THE FINALについて、かりぬさんより「スペオペヒーローズ」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

かりぬです。十年会でのGMはこれまで3回。ある意味レアキャラでしたね。
大規模TRPGコンベション参加も実にン十年ぶりだったりしましたが、これまで同卓した方が楽しめたならば幸いと思います。

システム名、システムの紹介

スペオペヒーローズ、を今回やらせていただきます。1992年発行の国産SFTRPG。
まぁ、SFものとはいえ、ガチガチな世界観よりはノリと勢いとお約束が支配するB級SF、というかスペースオペラを再現するっていう感じでしょうか。
有名どころでいえば松本零士氏や笹本雄一氏、高千穂遥氏の作品なんかをイメージしてもらえてば あながち間違ってないかな。

対応可能プレイヤー数

3~5人

TRPG初心者対応可否

歓迎 TRPGに詳しくなくても、お約束とかフラグとかが理解できれば大丈夫です。

システム初心者対応可否

歓迎 というか、年代物ですしシステム経験者のほうが少ないかと(笑)

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

基本六面体1つ。

使用ルールブック、レギュレーションなど

スペオペヒーローズ、スペオペヒーローズ2(アーキタイプや装備の一部追加)
基本ルールのほうは、作者である山北篤氏によってWeb公開されてますので、興味ある方は一読してると助かります。
http://www.game-writer.com/konogoro/trpg/spop/

キャラクター作成、持込可否について

アーキタイプ選択制になります。

シナリオ名、シナリオの出典

自作シナリオを準備していきます。

シナリオのあらすじ、注意事項など

自分の中では、やはり主人公は多少ダーティな部分があったほうがスぺオペっぽいと思ってます。
さすがに主人公チームが宇宙海賊とかまではやりませんけど、たぶん何でも屋とか運び屋とか、そんな立場から始まるお話になる予定です。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加