仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2017年2月26日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(鵺鏡)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2017年2月26日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、ウェイトリ(千葉)さんより「平安幻想夜話 鵺鏡」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

ウェイトリ(千葉)と申します。汎用的なPL、GMを目指し日々人生を楽しみ、遊んでいる36歳です。
コンベからお題で頂いてる好きなNPCのタイプですが、PCがピンチの時に力を貸してくれたり助言してくれる、イケてるオジサンキャラが大好物です。

システム名、システムの紹介

平安幻想夜話 鵺鏡
ようこそ、魔界と化した平安京へ。
PCは、喪(失)った大切なモノを取り戻すために生き抜こうとしている様々な職業のキャラクターになります。
陰陽師や武士のような想像のつきやすいものから、未だ現世を彷徨う死者、妖怪、陰陽師に造られた式神、タイムスリップしてきた現代人まで幅広いキャラクターを選び、演じる事が出来ます。

PC同士、それぞれにセッションで与えられた目的を目指して活躍しますので、時にはPC同士が争うこともありえます。ですがご安心を。セッション中にPCが死んでも、物語は最後まで続きます。時に生き返り、時に転生し、時に幽霊となって…それを考えるのは、GMとPC達です! PC同士が争っても、あくまでPL同士は物語を紡ぐため協力をしさえすれば、自由度の高いPCのロールプレイが保証されるのです。

最後に、そうした幅広いロールプレイを保証するため、特徴的な判定ルールがあります。ゲームは、シーンという、ドラマや映画の場面毎を切り取り、PCとNPCがそれぞれロールプレイを行ないます。例えば、他のPCやNPCを攻撃したいと思っても、その都度判定をする必要はありません。その際にはGMやPL同士でコンセンサスを取り合い、どのような物語を紡ぐかを決めていきます。
そのうえで、GMと全PC(シーンに登場していないPCも)は基本シーン終盤で判定を行ない、達成値を算出します。物語の最後に、達成値の総数に応じて、PCの喪った大切なものを取り戻したり出来ます。シーン中はロールプレイに集中し、シーンの最後にダイスを転がし、各PC協力して達成値を出していく。そうして、思い返すと記憶に残る物語が、紡がれるのです!

対応可能プレイヤー数

最低人数2人、最大人数4人

TRPG初心者対応可否

可。独特なシステムになるので、他のPLと一緒に覚えていけば大丈夫です!

システム初心者対応可否

可。先ほども書きましたが独特なシステムになるので、他のPLと一緒に覚えていけば大丈夫!

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

20面ダイスが6個程度あると安心。GMも貸し出しますよ。

使用ルールブック(レギュレーションなど)

平安幻想夜話 鵺鏡
サプリメント 鬼合

キャラ作成ついて

サンプルキャラクターから選んでもらいます。ルールブックを所持されている方のみ、初期作成のキャラクターの持込を許可させて頂きます。

シナリオ名、シナリオの出典

大江の鬼は桜に舞いて(自作)

シナリオのあらすじ

150年前、源頼光に討たれた酒呑童子が、都で人を浚っている!?
都で起きた怪事件、しかし、以前源頼光に力を貸した安倍晴明(150年も生きている? いいえ、神になっています)はしたり顔をするばかり。
ある日、偶然出会った「PC丁(いない場合は、小野小町などNPCに変更)」を(勝手に)気に入った酒呑童子は、PC丁を連れ去ると言い出し…鬼は討ちたし、事情は知りたし。
桜も咲き始めた、とある春の夜の物語。

道標(ハンドアウト)

PC甲:安倍晴明から酒呑童子と会い、話を聞いてくるよう依頼される。
PC乙:酒呑童子を倒す。倒す理由は貴方が源頼光の子孫であるとか、酒呑童子に親を食い殺されたとか、自由に決めて良い。
PC丙:安倍晴明を見返す。そのために、今回の酒呑童子の一件に関わっていこうと考えている。
PC丁:酒呑童子に一方的に惚れられるところからスタート。なお、酒呑童子の性別は丁のPLに選択してもらう事とする。

その他

有名なNPCとして、酒呑童子、安倍晴明が出て参ります。また、道標の関係上、セッション中はPCが対立する場面も出てくるかと思います。あくまでも、PL同士は仲良く物語を紡いて頂ければと思います。平安時代の歴史公証等は行なっておりませんので、GMのインチキ平安京は耐えられない! という方はお勧めしません。
ロールプレイをしたい方、他のPL、GMと協力して、記憶に残る物語を造りたい方には特にお勧め致します。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加