仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2016年11月20日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(神我狩)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2016年11月20日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、ワタナベさんより「神我狩」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスター自己紹介

ワタナベです。TRPG歴が2年と半年経ちました。

GMをする時はいつも『ソードワールド2.0』なのですが、今回から『神我狩』のGMをします。
『神我狩』は初めてTRPGのコンベンションに参加した時、遊んだシステムです。プレイヤーでの参加で3回ほど遊んだことがあります。GMで参加するのは初めてなので至らないところもありますが、よろしくお願いします。

システム紹介

上記の通り『神我狩』をします。
世界観は現代に近い世界で人々に害をなす邪神〈アラミタマ〉とその邪神を狩る超人たち〈カミガカリ〉との戦いを題材とした現代伝奇風TRPGです。PLの皆さんは〈カミガカリ〉となって〈アラミタマ〉と戦い狩り尽くすことを目的とします。

対応人数

3~5人

TRPG初心者対応

OK(自分も初心者です)

システム初心者対応

OK(自分も初心者です)

使用ダイス

六面ダイスをたくさん(最低でも6個)

使用ルールブック

「基本ルールブック」、「神魂のレクイエム」、「ダモクレスの機神」、「クロノスの原初神器」、「四獣ガーディアンズ」、「混沌神話との接触」

キャラ作成

各ルールブックに載っているサンプルキャラクターを選んで貰います。持ち込みも大丈夫とします。ただしその場合は確認を行って世界干渉LV1になるように調節してもらいます。
あとは、種族に必ず【魔術師】と【封神】がいるように選んでください。

シナリオ概要

ストーリー&データ集「少女を焦がす熾火」から「想いよ、届け」を遊びます。ただし、NPCの名前が変わっています。変わっているのは名前だけなので、原作のNPCと比較してみるのもいいかもしれません。(小並感)

シナリオあらすじ

「――ねえねえ、知ってる?」
若者たちの間で囁かれている都市伝説。
ある者は、片思いが叶ったという。
ある者は、悪魔に出会ったという。
だが、それれらは噂話の領域を出ず、内容もバラバラだ。
誰が、どのような意図で流した噂なのか?
なぜ、想いがかなえられるのか?
謎の都市伝説に潜む真相とは果たして?
武装伝奇RPG神我狩――『想いよ、届け』

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加