仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2016年5月22日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(ダイス・オブ・ザ・デッド)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2016年5月22日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、さぼりっこさんより「ダイス・オブ・ザ・デッド」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

さぼりっこと申します。
TRPG初心者の頃、初コンベのPLで参加したセッションのボスが強すぎて全く歯が立たず「どうしよう?」と動揺したところ、マスターの考えた超カッコイイNPCが颯爽と登場しPCの私たちが知らない世界設定の裏事情らしき話をボスと掛け合いして、PCの我々そっちのけで戦闘が始まりそのままエンディングを迎えたことがありました。
我々PL達はみなポカンとした顔で、TRPGとはこういうモノなの?って顔を見合わせたものでした。(遠い目

システム名、システムの紹介

ダイス・オブ・ザ・デッド

今年4月に出たばかりの、みんな大好きな(はずの)ゾンビ映画をテーマとしたTRPGです。
システムとしては、ダイスを全員で振ってそれをプールして、そこから自分の使いたいダイスをキープして使うボードゲームの様な独特なシステムです。
そのため、キャラメイクもルールもシンプルなので初心者でも安心できるはずです。
世界観は、本来であればPCは「ハーフゾンビ」という自我を残したゾンビという存在なのですが、GM権限でシステム上の立ち位置とルールはそのままで種族を「人間」にします。
ご理解のほどよろしくお願いします。

対応可能プレイヤー数

3~5名

TRPG初心者対応可否

問題ありません。

システム初心者対応可否

OKです。

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

「ダイスドラフト」というゲームシステムなので、GMがすべてダイスを貸し出します。
よって不要です。

使用ルールブック(レギュレーションなど)

基本ルールブックのみです。

キャラ作成、持込可否について

キャラクター作成は非常に簡単な部類ですので当日作成していただきます。

シナリオ名、シナリオの出典

ルールブック付属のサンプルシナリオをやります。
付属のシナリオが終了後、時間が余った場合はキャラクターのレベルアップ作業を行ったのちにGMが作成したシナリオを行います。
GM作成のシナリオは「地下道に蠢く影」というシナリオとなります。

シナリオのあらすじ、注意事項など

PC達はパンデミック後に作られたコミュニティの一つ「運命の盾」に所属している実行部隊だ。
十数時間前、近隣の警察官で構成されたコミュニティが、彼らからの無線の通信によればゾンビによって崩壊したことが明らかとなった。
かねてよりの情報から、あそこには今の世の中では必須となっている「抗ゾンビ薬」がたっぷりキープされていることが判っている。
そして、我々のコミュニティの備蓄は少ない。
後は判るだろう。
抗ゾンビ薬がなければ、我々もいつゾンビ化してもおかしくは無いのだ。
君たちは、危険を冒してまでもその「抗ゾンビ薬」の取得に動くのだった。

ベテラン初心者に限らず、「ゾンビ映画を見たことがある方」の方が共通認識が得られ易いと思います。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加