仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2015年5月23日(土)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(ウタカゼ)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2015年5月23日(土)仙台TRPG十年会コンベンションについて、煙草屋ブンタさんより「ウタカゼ」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

GMの名前、自己紹介

「煙草屋」ブンタと申します。最近まで「園長先生」と名乗っていた奴です。
TRPG歴は半年ぐらいになりました。プレイするジャンルは選びませんが、趣味の傾向を端的に言うなら「ロリとロボ」です。

システム名、システムの紹介

「小さな勇者のRPG ウタカゼ」
ジャンルは、「ファンタジー」+「メルヘン」

プレイヤーは、20cmていどの小人「コビット族」や、人語を話す小動物「言葉ある種族」から現れた、心優しい勇者「ウタカゼ」となり、世界中の生き物に「負の感情」を広めて全ての生き物を滅ぼさんとする悲しい存在「虚無」へと立ち向かう為、「自然豊かな、人間がいなくなった世界」を冒険する。そんなゲームです。

「システム」としては、とても「シンプル」なゲームです。使用するダイスは六面体、「ふつうのサイコロ」を「10個前後」使います。サイコロはこちらでも用意しますのでご安心下さい。

対応可能プレイヤー数

3~5人 のはず

TRPG初心者対応可否

初心者歓迎 参加者と「雑談」しながら「サイコロ振る」ゲームです。

システム初心者対応可否

可能 A4用紙一枚で把握できる程「シンプル」です。

使用ルールブック

基本ルールブックとレベルアップブック(追加その1)
もってなくても大丈夫ですよ。

キャラ作成、持込可否について

基本、当日作成です。持ち込みも可能とします(キャラもっている人がいるなら)。

シナリオ名、シナリオの出典

「森の洋館と不思議なウタ(前後編)」(自作シナリオ)

シナリオのあらすじ、注意事項など

「虚無」によって滅んでしまった「大きなヒト」。彼らの歴史や文化を追う「探検家」。リス族の森の奥にある「遺跡」。そこから流れてくる「不可思議なウタ」。そこに潜む「不吉なカゲ」。
ウタカゼ達は冒険の先に、どんな「真実」をみるのか。

(このシナリオは前後編にわかれた「ミニキャンペーン」です。また後編からは「ダンジョンマップ」を使用。さらに「特技」の追加ルールも使用の豪華版。GMは頭を抱えて待ってます)

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加