仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2015年5月23日(土)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(アコースティック・リーフ)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2015年5月23日(土)仙台TRPG十年会コンベンションについて、斉藤克己さんより「アコースティック・リーフ」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

GMの名前

斉藤克己

GMの自己紹介

中学生の頃からだらだらとゲームを続けてきたオッサンです。好きなジャンルはホラー、ファンタジー、現代モノでSF方面はあまり詳しくはありません。
今はそれほどでもありませんが、一時期は主流から外れたシステムを好んでいた時期もありました。

システム名

アコースティック・リーフ

システム紹介

あまり広く知られてはいませんでしたが、私が学生時代にもっとも気に入っていたシステムです。
ジャンルは近世くらいのイメージの、「銃や機械が出ない」タイプのファンタジーで、能力値を決定した後7つのキャラクタータイプから1つ選択し、それにより技能がある程度決定されるという半クラス制度をとっており、効果は様々ながら使い方はシンプルな戦闘オプションや、それぞれ特徴的な4つの魔法系統など、意欲的な作品になっています。特定の世界に特化していない汎用システムではありますが、サンプルワールドとして2つの民が住まう北の島『カイナ・アイン』が設定されており、今回はここを舞台とします。
使用するサイコロは、6面が3個、10面が2個あれば間に合います。

対応可能プレイヤー数

3~6人

TRPG初心者対応

システム初心者対応

使用ルールブック

ルールブック
※GMが用意いたします。

キャラクター作成

当日作成していただきます。

シナリオ名

銀の月と闇色の羽根
(自作です)

シナリオあらすじ

いつもより春の訪れが遅いと感じている中、『畑が鬼族に荒らされているのを追い払ったら見たこともない物品が出てきたので調べて欲しい』という依頼が来た。銀で出来た三日月型のそれは、少なくとも冒険者たちの知識にはないものだった。手探りで調べていく冒険者たち、果たしてこれは誰がどうやって使うものなのだろうか?

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加