仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2015年5月23日(土)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(クトゥルフ神話TRPG)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2015年5月23日(土)仙台TRPG十年会コンベンションについて、高い島の男さんより「クトゥルフ神話TRPG」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

KPの名前、自己紹介

高い島の男と申します。TRPGはホラー系やSF系のシステムが好きでクトゥルフを中心にたまにウォーハンマーやクレギオンで遊んでいます。
お蔭でパラメーターに不定伊の狂気と精神障害が常時付随しいていますが気にしないで下さい(えー)
プレイヤーの皆さんと共に盛り上げたいと思います。

システム名

クトゥルフ神話TRPG

システムの紹介

小説家H・P・ラヴクラフトが中心として書いたホラー小説クトゥルフ神話を題材としたホラーRPGです。

人類誕生以前から存在する邪神やその眷属、それを信奉する存在。
それらが起こす一歩間違えば世界が崩壊するような事件や現象にも関わらず、一般人が知る事はまずありません。

しかしプレイヤーが演じるキャラクター「探索者」は幸いにも、(あるいは不幸にも)その事件や現象に遭遇してしまいます。
そして探索者はその事件や謎を解き明かし解決する為に行動を起こします!
ただ探索者の能力はほぼ一般人と変わりがありません。
知らずに邪神達と正面から事を構える事になったら一たまりもありません。

それでも探索者は立ち向かいます。…それが自分の正気や命を失う結果に繋がるとしても。

ゲームシステムはベーシックロールプレイングゲームシステム(通称BRP)といいます。
探索者は能力値と職業を決めその職業に対応する技能に能力値から算出したポイントを振り分けます。
ゲーム内で何か行動を行いたい時は、KPがその行動を判断し技能ロール判定を行います。
1D100(10面体を2個)を振り対応する技能のポイント以下を出せば行動は成功です。
その行為が簡単な時や難しい時はKPの判断で技能ポイントに修正が付きます。
またプレイヤーが上手い方法を考えたり台詞を言った場合にも修正が入ります。
台詞については「こういった感じで話します」でも十分です。
雰囲気が大切なゲームなのでそういった所を楽しんで下さい。

そしてこのゲームのキモとも言えるのが正気度判定、通称SANチェックです!
探索者には正気度と言う能力値が存在し、不可解な現象や恐ろしい目に遭う度に判定を行います。
判定に失敗すると正気度が減少します。減り具合によっては探索者が発狂する事もあります。
そしてまた同じような事に遭うと、今度は減った値で判定します。
つまり正気度が減る度に判定が難しくなります。

そして正気度はゲーム中に回復する事はありません。
正気度が減り狂気に蝕まれながらも探索者は事件を解決しなければなければならないのです!
プレイヤーはそこを上手く演じてプレイすると楽しさが違いますよ。

対応可能プレイヤー数

3~5名

TRPG初心者対応可否

システム初心者対応可否

使用ルールブック

クトゥルフ神話TRPGルールブック

キャラ作成、持込可否について

キャラクターは当日作成します。職業は基本ルールブック掲載の医師、教授、刑事、古物研究家、作家、ジャーナリスト、ディレッタントから選んでもらいます。
シナリオ進行上職業が別々で刑事が1人いると助かります。

シナリオ名、シナリオの出典

地獄より来たりしもの(自作シナリオです)

シナリオのあらすじ、注意事項など

時代設定は1920年代アメリカ南部のとある町です。いまだ人種差別が横行している時代でシナリオ内でもそういった演出があるので、そう言ったものが嫌いな方は遠慮された方が良いでしょう。

あらすじ

友人と物見遊山の気軽な旅の筈だった。
この館に入ったのも単に野宿で獣に襲われるのや毒蛇に噛まれる危険を避ける為。
それ以上でもそれ以下でもない。
なのに一体何故こんな事に。
その考えをまとめる事も出来ないままただ走り出す。
今はただ「アレ」から逃れたい、その一心あるのみ。

旅行中友人殺しの嫌疑をかけられたPCが町に在住するPC達と協力して無実を証明するシナリオです。
旅行者担当PCが美味しいです(酷い目に遭う的な意味で)。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加