仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2016年10月22日(土)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(放課後怪奇くらぶ)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2016年10月22日(土)仙台TRPG十年会コンベンションについて、みずちさんより「放課後怪奇くらぶ」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前、自己紹介

当日はどうぞ“みずち”とお呼びください。
TRPGはSNSなどで知り合った方々と1年に1度、オフセッションや飲み会ができたら良いなぐらいのペースで、普段は専らSkypeなどを使ったオンセをメインに遊んでおります。

システム名、システムの紹介

「放課後怪奇くらぶ」は「call of cthulhu」の入門書とでも言えば良いでしょうか。
BRPと正気度のルールを抑えつつ、難解なコズミックホラーを“学校の怪談”という比較的ライトなモチーフに落とし込んだ、そんな内容です。

ただ、“クトゥルフ神話RPG”が一大勢力の昨今ではちょっと霞んでしまいますね。
今回これをチョイスしたのは、やはり高校生を主人公に据えていることと、ルールが必要最小限であることが理由です。

基本的な部分は“クトゥルフ神話RPG”と一緒ですので、同システムの経験回数が少ない方や、これからやってみようという方には良いと思います。

対応可能プレイヤー数

3~4名とさせてください。

TRPG初心者対応可否

対応します。

システム初心者対応可否

対応します。
“クトゥルフ神話RPG”の知識がある、あるいは経験者の方は、ルール面で困ることはないと思います(むしろ物足りなくて戸惑うかもしれませんが)。

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

さしあたって10面体を2つ。持っていなくても構いません。
こちらでもある程度は用意します。

使用ルールブック(レギュレーションなど)

「放課後怪奇くらぶ」(簡素ではありますがサマリーを用意します)

“クトゥルフ神話RPG”や“キーパーコンパニオン”などはあっても良いかもしれませんが、基本的にはご用意いただかなくても構いません。

キャラ作成、持込可否について

当日作成します。
アーキタイプ(サンプルキャラ)を選択し、パーソナリティを付加して頂く方法を予定しています。

シナリオ名、シナリオの出典

「禍神の眠る地」
自作のシナリオです。
“学校の怪談”を謳う通り、切り口はライトですがシナリオ自体はきっちり“クトゥルフ”しておりますのでご安心(?)ください。

シナリオのあらすじ、注意事項など

スマホのアプリに流れてきた心霊プリクラを発端に、PCたちはある女生徒を中心とした恐ろしい事件に巻き込まれ、知恵と勇気で怪異の解決に挑むことになります。

シナリオの自由度はさほど広くなく、ゲーム性もちょっと弱めです。またクトゥルフ神話のエピソードをモチーフにしておりますので、ベテランの方には物足りないかもしれません。

セッションとしては、高校生が主人公のジャパニーズホラー、最終的に事件を解決することをゴールとする映画や小説のノリを目指しています。
一緒にホラーな物語を、楽しく創作しましょう!!

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加