仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2016年2月14日(日)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(ルーンクエスト)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2016年2月14日(日)仙台TRPG十年会コンベンションについて、りょう。さんより「ルーンクエスト」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前

りょう。

ゲームマスターの自己紹介

仙台十年会ではいつもお世話になっております。
主にD&DやPathfinder、クトゥルフ神話TRPG、TORGなどを遊んでおります。
FEARさんのゲームもたまに遊んだりします。
宜しくお願い致します。

システム名、システムの紹介

「ルーンクエスト日本語版/ルーンクエスト90’s」

「ルーンクエスト」はアメリカのケイオシアム社から発売されたTRPGシステムです。
後に版権がアバロンヒル社に移り、第3版が出版されまして日本語訳が1987年に発売されました。
グローランサという独自の背景世界を持つ、剣と魔法のファンタジーTRPGです。
現在は残念ながら絶版になっておりますが、昨年アメリカで大きな動きがありまして、もしかするとまた日本語版が出るかもしれません(あくまでも個人の願望です)。
ルールシステムは『クトゥルフ神話TRPG』と同じベーシック・ロールプレイングで、d%の下方ロールを使っております。
どちらかと言えば戦闘に重きを置いたシステムになっておりまして、よりリアル指向のシステムになっています。

無理に見る必要はありませんが、ウィキペディアのリンクを貼っておきます。
興味がある方はチェックして下さい。
Wikipedia – ルーンクエスト

対応可能プレイヤー数

3~5人

TRPG初心者対応可否

可。ただ、本当に初めての方ですとちょっと大変かもしれません。なるべくフォローは致します。

システム初心者対応可否

可。

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

上にも書きましたが、10面体を使用します。
色違いのものが2つ以上あると良いです。
それと20面体も使用します。
無くてもお貸しできます。

使用ルールブック

「ルーンクエスト日本語版」基本ルールブック、上級ルールブックその他。
こちらで全て持って行きますので、プレイヤーの皆さんは用意しなくても大丈夫です。

キャラ作成

当日に作成しますので、キャラクターを用意する必要はありません。
参加希望の方は、筆記用具と各種ダイス(10面体は必須です)を持ってきていただければ大丈夫です。

シナリオ名、シナリオの出典

『マネーツリー』
基本ルールの附属シナリオです。

シナリオのあらすじ、注意事項など

とある村の儀式に必要な、ある木の実を取ってきてほしいと依頼を受けた冒険者、それがPC達です。
あなた方はその木の実を取るために、危険な森を抜け、険しい山を登り、洞窟へと向かいます。
はたして無事に儀式に必要な木の実を取って村へ戻ることができるのでしょうか?

シナリオの概要は以上です。
駆け出しの冒険者用の非常にシンプルなシナリオですが、昔のシステムだけあって難易度は高めです。
けれどもD&D系とはまた違った戦闘をプレイをしてみたい方は、楽しめると思います。?
それとシステム上、経験を積んだキャラクターでないと技能が高くなりませんので、「若き天才」というキャラクターをプレイすることは正直難しいと思いますので、そこはご了承ください。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加