仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2015年12月23日(水・祝)仙台TRPG十年会・初物コン ゲーム紹介(戦国霊異伝)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2015年12月23日(水・祝)仙台TRPG十年会・初物コンについて、斉藤克己(BTL)さんより「戦国霊異伝」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

ゲームマスターの名前

斉藤克己(BTL)
※カッコ内はネット上のハンドルネームですので、普段の呼び方は斉藤でお願いします。

ゲームマスターの自己紹介

ファンタジーとかホラーとか好きなおっさんです。マスタリングはどっちかというと淡々と進行するタイプ。この一年間、流行り廃りと関係なく好きなシステムでGMさせていただき感謝します。で、せっかくですので今年最後のGMも好きにさせていただきました(笑)。

システム名

戦国霊異伝

システム紹介

日本の戦国時代と酷似した国「扶桑国」を舞台に冒険を繰り広げる、純和風のシステムです。プレイヤーキャラクターは5つの分限(=クラス)のうちの1つを持ち、様々な理由で旅をしていることになります。
主な特色としては、“生命力に対してダメージが大きい”“術は判定に成功しさえすれば使い放題(無論、高度な術ほど難易度は上昇します)”“飛び道具や術よりも近接戦闘の方が先攻になりやすい”“基本的に防具がない”“ダメージを受けるほどジリ貧になる”等々、デッドリーな方面に吹っ切れた作りとなっています。
イニシアチブ兼攻撃の勢いを表す「攻勢値」や、自分自身の特殊なリソースである「気合」、救済ポイントである「天祐」を上手く使って状況を有利にしていきましょう。

対応可能プレイヤー数

3~5人

TRPG初心者対応

システム初心者対応

使用ルールブック

ルールブック

使用ダイス(サイコロ)等

6面ダイス3個

キャラクター作成

当日作成していただきます。

シナリオ名

「フェスティビタス ナタリス」(自作)

シナリオあらすじ

PCたちが旅の途中で逗留している里の代官から頼みごとをされる。
内容は、近くの村で坊主が行方不明になった、その村には昔、徳の高い僧ばかりを狙って攫っていた妖怪が住んでいるとの言い伝えもあり、村人は心配すると同時に大層不安がっているとのことだが、詳しく話を訊いてみると、坊主は坊主でもキリシタンの坊主、つまり神父とか宣教師とか呼ばれる者らしい…?

注意事項

この時代のキリスト教については、私の想像の部分が多々あり、実際の歴史とは違うものになっているかもしれませんが、もし相違点があっても「扶桑国なので」とか、なんとか辻褄が合うように解釈していただければ助かります。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加