仙台TRPG十年会

宮城県仙台市で、TRPGコンベンションを不定期に開催しています。

2022年2月19日(土)仙台TRPG十年会コンベンション ゲーム紹介(ウマ娘TRPG Table Derby2)

   

仙台TRPG十年会のWebサイトにお越しいただきありがとうございます。
2022年2月19日(土)仙台TRPG十年会コンベンションについて、kazuki(ウマ娘ちほー)さんより「ウマ娘TRPG Table Derby2」のゲーム紹介をいただきましたので掲載します。

※このゲームが遊べるかについては、コンベンション当日に決定いたします。必ずこのゲームが遊べるわけではございませんのでご了承ください。

ゲームマスターのお名前、自己紹介

久方ぶりの十年会になります、kazukiといいます。ゲームマスター経験は両手で数えるほどのぺーぺーですが、参加者全員で盛り上がれるよう頑張ります!
好きな植物はグッド・ベリー(呪文)! いや本当に低Lv帯ではお世話になりました。

当日遊ぶ予定のTRPGシステムの名称と、その説明

今回用意しますのは、『宿屋の二階』様制作の「ウマ娘TRPG Table Derby2」です!

※参考URL(コノス様の販売ページです)
https://conos.jp/product/table2/

某ソーシャルゲームを元ネタにした同人システムです。クライマックスのレースで一着を決める、ボードゲームのようなシステムになります。
原作の雰囲気再現もそうですが、『レース』を主眼に置いたTRPGってとても珍しいです。(スポットルールとしての追いかけっこは様々なシステムにありますが、これを主題にしているシステムは見たことないです)
マリオカートのようなギスギスしない駆け引きで遊べるシステムですので、PVPが苦手な方も安心してご参加ください!

対応可能プレイヤー人数

2人~4人

対応可能プレイヤー数の補足

プレイヤー人数が少ない場合、ゲームマスター操作の刺客NPCやナモナキウマムスメ(ルールブックに本当にそう書いてある!)を追加する場合があります。これはより駆け引きを盛り上げる為であり、ゲームマスター無双や依怙贔屓の為ではないです。どうかご了承ください。

TRPG初心者対応可否

システム初心者対応可否

TRPG初心者対応可否/システム初心者対応可否の補足

ゲームマスターも初めて回すシステムだから皆一緒だね!(経験者の方もしおられましたら歓迎します)
ついでに言うなら、ゲームマスターはシノビガミの対立型シナリオが遊べないぐらいPVPが大のニガテです。そんなゲームマスターでも回してみたいと思える優しいシステムなので実際安心。
原作知識や競馬の知識の有無で、ルール上の有利不利は発生しません。なのでウマ娘聞いたことあるけど詳しくない方でも大歓迎です!

プレイヤーが使用するダイス(サイコロ)

6面体ダイス(いわゆるサイコロ)が5~8個あれば大丈夫です。もし持ってなくとも、ゲームマスターがプレイヤー全員分位は持ってますので貸し出します。(なんでそんな持ってんだよと疑問に思った貴方は正常です。)

キャラクター作成、持込可否について

キャラクターは当日作成します。持ち込みは許可しますが、以下のレギュレーションをご覧下さい。

使用ルールブック、キャラクター作成のレギュレーションなど

使用ルールブック:ウマ娘TRPG Table Derby2 ルールブック初版

作成ルール

  • サンプル、スクラッチ、オリジナル全て可
  • キャラクターLv1(初期作成)
  • 自由記入のオリジナル効果スキル不可(スキルの種類問わず)
  • ウマ娘固有スキルを使用したオリジナルウマ娘を持ち込む又は作成したい場合、ゲームマスターや他のプレイヤー全員の合意が必要
    (例:スペシャルウィークに憧れているウマ娘をやりたいので、スペシャルウィークの固有スキルを持ったキャラクターを作りたいなど)

シナリオ名、シナリオの出典

ルールブック記載ショートキャンペーンサンプルシナリオ
「私達のスタートライン」より

  • 新人戦
  • 京都ジュニアステークス
  • ホープフルステークス

※当日の進行具合によっては、真ん中を省いたり変更の恐れがあります。

今回予告

ウマ娘──。それは驚異的な身体能力でレースとウイニングライブを行い、その姿やひたむきな姿勢で人々を魅了して止まない少女達。
そんな世界に飛び込む新たなウマ娘がやってきた。今、彼女たちのストーリーの幕が明ける。
“やっとみんな会えたね!”

ゲーム内容についての補足

初期作成のキャラクターで遊べるショートキャンペーンになります。
1シナリオは1つのレースになっており、3シナリオで完結となっています。シナリオの流れとしては、プレイヤーそれぞれが1回ずつ行動するドラマシーンと休日行動で2周した後にメインであるレースを行う短いものになっています。
キャンペーン全体の目的はレースで好成績を残す事だけなので、キャラクターごとに指針や目的があるとロールプレイしやすいと思います。
また、原作有りのシステム故、再現キャラクターによっては「○○はそんなこと言わない!」などの解釈違いが起こる場合もあります。その際は「この卓ではそのように扱う」のココロでお願いします。

 - コンベンションのゲーム紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加